読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歯を8本(親知らず+奥歯)抜いてから1週間経ちました

雑記

9/8に抜歯手術を行い、それから1週間弱経ったので経過とかなんだとかを記事にしておきます

経緯

嘔吐反射が強く歯科治療が困難であると判断され、全身麻酔下で3年前に虫歯13本の歯科治療を行いましたが、今年度の頭に虫歯14本が復活していることが発覚。
奥歯の自己管理が嘔吐反射の都合で難しいということで、かなり虫歯の進行してる奥歯4本とついでに親知らず4本を同時に抜歯することになりました。

labyrinthu.hatenablog.jp

どんな感じだったかは過去記事参照。

治療について

今回入院で抜くことになった歯は

  • 第二大臼歯 上下左右4本(うち3本が虫歯でほぼ使い物にならず)
  • 第三大臼歯 上下左右4本

の合計8本です。

抜歯後第二大臼歯はそのまま放置する方針で決めました。
上でも書いたけど、嘔吐反射の都合でメンテナンス考えると第一大臼歯までの歯をしっかりケアしていこうということでかかりつけの歯科医と話が決まったのでそうするつもりです。

手術前日

一通りの検査は通院の間に済ませておいたのでほとんど何もすること無く病室でブラウザゲームをしていました。
恐怖心よりは早く虫歯から開放されたいという気持ちのほうが強かったです。
過去記事の通り食事がほぼ制限されてたのもあり、病院で久々にお米を食べてお腹が苦しくなってたりしてた程度かな…

手術当日

朝9時から手術室へ。先生がお気に入りのBGMを流しながら全身麻酔をスタート。
以前の全身麻酔はその前に意識を失う薬を使われてたので気づかなかったのですが、全身麻酔導入する瞬間って脳が痺れるような感覚とかるい気持ち悪さがあるんですね。
術中の記憶はさっぱり無く、起きた時には口の中にガーゼがたくさん詰め込まれていました。

嘔吐反射に関しては説明していたので、本来は起きた時には出血も止まっている状態だという話だった(つまり嘔吐反射引き起こすものは無い)のですが、起きたあとに再び大出血したようで慌ててガーゼでの処置をしたようです。
3時間ぐらい物凄い反射と闘いながらなんとか止血、横たわるベッドは血の海になっていました…。

食事はその日からゼリー程度ならOKということで、その日はウィダーインゼリー1つを1時間近くかけて食べました。
口の端が切れていたのと、術後特有の顎の疲労感(顎関節症?)で口があかず、かなり苦労しました。
痛みはほとんど無く、その日から歩ける程度には回復しており、当初の三泊四日の入院予定は二泊三日に短縮。
体調も良くなく寝て起きてを繰り返してその日は0時には就寝しました。

術後1日目

朝からさっさと追い出されるように退院。食事はウィダーをとりあえず食べる程度で…
昼間は平気だったのですが夜から吐き気に襲われる。とりあえずなんとか寝てやり過ごしました。
糸とかが腫れた口の中で喉奥に当たるようになり、それが吐き気を誘発してたみたいです

術後2日目

吐き気が収まらず、救急搬送されました(歩けなくなるのでタクシーが呼べない)。
プリンペランやその他諸々点滴されてなんとか体調回復。
糸はそのまま放置で。腫れが引けばなんとかなるだろうの構え

食事はウィダーのみ。
胃のお薬をもらってきてそれで胃の方はなんとかしようということになりました(ラックビーとナウゼリンを頂きました)

術後3日目~術後8日目

この辺りから顔の腫れ、歯茎の腫れがひどくなる。
食事はウィダーのみじゃ回復するものもしないので、おかゆを付け足すように。
食欲はあるけど食べられないというのが辛かったです。
術後から通して、抜歯後の痛みというものは特にない感じ。

相変わらず顎は開かないので大変でした。
歯ブラシは、6日目あたりから使用しててそれまではほとんどうがい薬でなんとかしてました。
8日目に医者に見てもらい、普通の食事、普通の歯ブラシ、入浴等諸々もう大丈夫だよとのことを聞きました。
早速入院前に買ったポッキーなどを食べてますが口の中のかみ合わせの違和感とか、疲労感とかがすごいので慣れるまで時間掛かりそうです。

術後9日目(今日)

特に問題なく好き勝手に食えてます。ただ顎はry

    • -

ここまで書いてみて思ったのは

  • 痛み自体は大したことない、術後痛みに悩まされたことは無い(腕が良かったのでしょう)
  • 腫れはかなり酷い。上下左右合計8本抜く分、流石に一気に口の中が腫れる。
  • 胃が荒れやすいのでその対処はきちんとする。事前に伝えておくべきでした。

8本の抜歯、意外とレポートがないようなので書いてみました。
親知らず4本一気に抜く方も参考になればいいかな…
親知らずの方が一段落ついたら今度は残りの虫歯の治療を再開したいと思います…。