読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日炎上していた改造問題についてぼちぼち書いてみる

ポケモン 雑記

なんかまたvanさんが炎上したみたいですね(?)炎上芸人かな
TSちらりと見た程度なので抜けは勘違いがあればコメントかTwitter
ポケモンはもうやってないです(

vanさんの言い分(歪曲してるかも)

  • 改造は個体が再現可能なら悪くないでしょ
  • ポケモンの個体を調達する時間が無駄
  • 将棋の世界を目指したい(将棋は使えるコマ、盤面がお互い統一されてるという意味?即試合出来るということでしょう)

改造個体が再現可能なら悪くないのか?

vanさんは枠の中でスポーツを例えてポケモン対戦を表現しています。
ポケモンとスポーツ、どちらにも共通しているのは「ルールが存在すること」ですね。
基本的に対戦競技に置いてルールを守るというのはルールの正しさ云々の前に参加する上での絶対条件になります。
ポケモンの対戦だけをしたい、そのための準備の改造はルールでは悪だけど俺の考え方では容認するというのはスポーツで言うならドーピングを行って肉体改造を行い、肉体改造の時間を短縮した上で精神状態を特別な状態にして技術を磨くという効率化を図ることになります。
スポーツの世界でそれが認められてるかというと認められていませんし、ドーピング禁止の背景はどちらかというと肉体的負担のほうが理由なので、ポケモンで言うなら対戦処理におけるサーバーに問題を起こしかねないから禁止、というところが妥当な判断でしょうか。

ドーピングが何故禁止なのかというと

  • 肉体的負担がかかる
  • ドーピングをしていない人にアンフェアである(対戦はフェアであるという前提が外れる)
  • 社会的悪影響があり、スポーツそのものを廃退させる

という理由があります。ポケモンで言うなら

  • 対戦サーバにイレギュラーな処理的負担を起こす可能性がある
  • 改造をしていない人にアンフェアである
  • どのゲームにおいても改造は禁止されており、ポケモンがそれを容認することで対戦ゲームそのものに悪影響を与える(ポケモンでいいなら他のゲームでもやらせろ)

あたりになるかな。

以上の根拠からいかなる理由であっても改造は悪であると考えます。
個体値がゲーム内で再現できるかどうかの問題では無い、ということですね

また、vanさんは「データ破損の前例がないから実質そういう問題はない」という主張をしていますが、その手の問題は起きてからでは遅い(ネットゲームとは違いポケモンのデータはローカル保存なので、不具合が起きた際にロールバックが出来ない)ので起きてないから問題ないという主張はおかしい。
問題を起こさないために禁止されているんだから問題が起きてからじゃ遅い。
何より、vanさんにはポケモンXY、ORASの開発環境、及びデバッグ出来るテスト環境が存在するわけじゃないのでそれを承認してはいけない。
「改造してる人が大会に参加していて改造しないとこちらが不利だ」というのは、そもそも前提として改造しているユーザーがルール的に悪なので、違反ユーザーがいて試合が不利だから自分も違反する!というのは対戦競技に於いて健全な思考でないです。

Showdown化を目指したいという主張と改造容認の主張

おもいっきり主張論点がズレてます。コメントで炎上してるからごっちゃにされてる感じがありますが、
「Showdown化を目指すこと」「改造は対戦機会を増やすために容認する」は別問題だと思います。
どちらかと言うと私は前者は容認しますが後者は前述の理由で否定します。
いやーまあ実際ポケモン用意するのだるいですよね!Showndownみたいにすぐ対戦できれば素晴らしいと思います。
→じゃあ改造も良いよね、公式が禁止してるだけでしょ?って言われると「?っw?っw」ってなるしかないかなあ。

主張通りのポケモンを目指すならvanさんはルール改正の方を主張するべきです。
Showdown化を目指したいから改造容認していい理由にならなくて、ポケモンを全力でやるのにプラットフォームは関係ないし、改造の有無は関係ないと思うけど競技的に全力でやりたいなら与えられたルールをきちんと守り秩序を維持するというのはプレイヤーに与えられた義務だと思います。

→じゃあゲーフリにでも入ってポケモンの競技ルールそのものを変えたほうが早い

参考までに

カードゲームのDuelMastersはネット対戦サイトの「DMVault」というものがあり、そこでシミュレータでデッキを構築、対戦ができます。
このサイトの利用者は大変多く、一部「中の人」と呼ばれる人が使っていたこともあります。
ポケモンで言うShowdownに相当するものですが、このサイトはいわゆる一般的なものとして完全に普及されています。

将棋の世界を目指したポケモンに起きうる未来

将棋の前提というのは、

  • 先攻後攻があり、
  • お互いの手持ちのコマはすべて統一されている

なので、ポケモンが将棋の世界を目指すなら

  • お互い使用パーティは特定ルールの同一PTで、
  • ポケモンの手持ちの技、数値も統一される

必要があります

試合開始時点での相性の有利不利を一切取り除いた、純粋な思考競技が将棋や囲碁です。
なのでポケモンが将棋の世界を目指すのであれば構築段階での個性というものは絶対的に省く必要があります。
そうでないと、ポケモンの相性で不公平ですよね。

締まらないけど終わり

特に話をどうまとめるかは考えてないけど、実は自分もどちらかというと「数値が同じなら改造は容認」する人です
ですが、改造自体を絶対悪と捉えているので矛盾したことをいうなら改造自体は容認していません(考え方自体はvanさんに近いかもだけど)
いやまあ自分がポケモンやめた理由って個体調達がだるいからって理由ですからね、パパっと手に入るならそれに越したことは無いですからね
じゃあ何故そこで自分が改造に走らずポケモンをすんなりやめたかというと競技としてのポケモンを汚したくないからという理由でした。
正直個体を改造で用意してやるかーと思ったこともあるけど、自分の中でのポリシーに反するからやらない、という感じ。

話がまとまらないけどこんなかんじかなあ。