読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戦士のスキル回しを考察

FF14 FF14

戦士のスキル回し

戦士の火力特化のためのスキル回しは基本的にすごく単調です。やることは

  • メイムの維持(与ダメージ20%アップ)
  • シュトルムブレハの維持(斬耐性デバフ)
  • ラースを意識したスキル回し(ラースにはクリティカル率UPがある)
  • フラクチャーの維持(DoTの残り秒数を見て、バーサクが切れる直前に更新等)
  • フラクチャーに対してBuffを可能な限り乗せる(バーサク、発勁、ラース)
  • ブルータルスウィングをリキャストごとに入れていく

主にこれくらい。で、戦士のスキル回しは初動が大事ということでそれぞれMTOTの視点から初動のスキル回しを自分なりに書いてみます。

前提知識
  • ヘヴィスウィング→スカルサンダー→ボーラアクス(150+200+280=630)
  • ヘヴィスウィング→メイム→シュトルムヴィント(150+190+250=590)
  • ヘヴィスウィング→メイム→シュトルムブレハ(150+190+270=610)
  • フラクチャー(着弾威力100+DoT20*10=300)
MT時のスキル回し

ウォークライ(ラースV)→トマホーク→アンチェインド(ラース無し)→ヘヴィスウィング→バーサク→スカルサンダー→発勁→ボーラアクス→シュトルムブレハコンボ(ラースV)→フラクチャー→ヘヴィスウィング→原初の魂(ラース0)→ヘヴィスウィング→(メイム)→WS不可

 

MTでスキルを回すときは、アンチェイドとバーサクを利用して、初動のボーラコンボとブレハコンボで一気にヘイトを稼ぎます。

WS不可の前でメイムを撃つのは、シュトルムブレハを切らさないようにするためです。シュトルムブレハの耐性ダウンはタンク2名に影響を及ぼすので、純粋に自分一人がボーラを次に撃つよりはこちらのほうがダメージ出るはず。

ヘイトは95武器戦士と95武器竜騎士で木人を殴ったところ全く問題無いので、きちんとアンチェインドとバーサクを乗せたスカルサンダーとボーラアクスを撃つことが大事になります。最後のメイムはスキルスピードだったり、先行入力をすべて完璧にできれば行ける。はず。後は基本的にバーサクボーラの繰り返し。メイムを切らさないこと。これが最大火力です。ボスの種類によってはMTがシュトルムヴィントを入れるほうがTotalDPSは落ちないので、DPSを出すことも大事ですがきちんとしたTANKの役割も果たして行きましょう。

OT時のスキル回し

フラクチャー→ヘヴィスウィング→メイム→シュトルムブレハ→ヘヴィスウィング→バーサク→スカルサンダー→ボーラアクス→シュトルムブレハコンボ→ボーラコンボ→フラクチャー→WS不可

開幕のスキル回しは基本的にこうなるかと思います。フラクチャースタートにはいくつか理由があって、

  • 初期のヘイト獲得量を抑えつつ実質威力300のWSを入れられる
  • フラクチャー+コンボ1つの次のコンボのメイム前ギリギリにバーサクを入れると、フラクチャーが切れると同時にフラクチャーを更新、かつバーサクが切れる

問題点は、バーサクボーラのヘイト獲得量が高いので、MTがきちんと攻撃バフを乗せたヘイトコンボを初段から使っていかないとヘイトを奪うことがあります。あくまでもこのコンボルートは最高DPSを目指すためのものであるので、実際にはボーラコンボはヴィントコンボになることが多いかな。

ただ、シュトルムヴィントは常時入れるものではなく痛いWSや、範囲攻撃に合わせて入れておくというのが正解で残りの攻撃はボーラコンボとブレハコンボで行うのが私の中での回答となりつつ有ります。

3層みたいにSTでも火力を求められるステージでは、最低限のヴィントと最大限のボーラで出来る限りDPS力を高めて行きたいですね。皆様よき戦士ライフを!